スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

他の歯科治療とインプラ

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないというところです。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。インプラント治療をはじめる前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうかしることが大事です。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することを忘れないでちょうだい。それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。こうした病歴があっても、直ちにインプラント治療ができない理由ではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので維持費がかかることを知っておきましょう。特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うことを指示されます。定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてちょうだい。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてちょうだい。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療を受けようとすれば海外で治療を受けるというのもありえます。そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、可能性を追求して、まずもって、情報集めに全力を尽くすのが成就への第一歩です。多くの方にとって、インプラント治療をはじめるとき心配なのは、費用の問題も大きいと思います。保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差はかなりありますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることも事実です。そして、定期検診にも費用がかかってくることも念頭に置きましょう。検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。手術の前後にはさまざまな処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかり完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。全面的に保険がきくことにしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。今では、どこで手術を受けても痛さを心配する必要はありません。切り開くあごをまん中に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。術後、麻酔が切れてくると、腫れと供にだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせない理由で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングが必ずもとめられます。ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎の症状かも知れません。自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。最近話題になることも多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてちょうだい。それは、誰にでも適用できる治療法ではないと言うことです。これは重要な事実です。インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうかも知れません。歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。自分の歯を何らかの原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。インプラントはブリッジや入れ歯とは全くちがう治療法です。インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。インプラント治療を受けようとすると、すべて自費なので治療費が高額になることは問題点です。

スポンサーサイト

コメント